交友関係・人とのつながり

  中井久夫先生(現神戸大学名誉教授)

   同じ病院に勤め、若き日の先生の臨床場面(診察を含めて)をこの目で見ただけでなく、私の車で青木病院や東大分院に通うことが続いた。先生が名古屋に転勤するまでの4、5年間のことである。車中で先生はいつも精神医療や治療、患者さんのこと、薬の使い方、アプローチの仕方について語った。個人授業を受けていたに等しく、そのとき聞いた事柄で著作集に載っている部分は今も鮮明に想起できる。  『日本の医者』(日本評論社)にあるとおりの先生である。

  ある冬の寒い夜に運転手として往診に同伴したことがある。2、3時間の面接に相席したが、患者が描いた絵を系時的に並べ、その時々の心理状態を話し合い、今そのときの患者の状態を説明した。患者の世界への怒りは鎮まり、緊張がほぐれて場の雰囲気が一変して和らいだ、私はその起承転結ぶりに驚嘆した。患者は以降安定して活躍したと聞く。わかりやすく言語化できないのがもどかしい。他にもエピソードはつきることがない。私にシャーロック・ホームズのワトソン君のような才能があったら何冊でも伝記がかけるのだが.....。

   先生の「知」、「理」は言うまでもないが、私は先生の病む人や弱者への惻隠の「情」に強く魅力を感じていた。お高い教授職にあっても全国のコメディカル・患者・家族に好感をもたれ続けている所以であろう。

 阪神淡路大震災の時に、まず「中井先生は大丈夫か?」と患者さんが叫んで、安否を心配したという逸話はもっともと私は思う。

 

 故・遠藤四郎先生

 慈恵医大の先輩。米国に留学しエアードに学んだ。てんかん患者さんの臨床発作を聞いて脳波上の局在部位と所見を言い当てるほどの脳波のエキスパート。先生から脳波所見の判読を教わり、自分で読んだ脳波所見300例を直接添削していただいた。惜しむらくは働き盛りに早逝されたことだ。

   先生が健在だったら, 日進月歩の現在の技術を駆使して研究や臨床に多大な業績を残されたに違いない。

 

 故・安永浩先生

 東大分院神経科科長。ファントム空間論は有名。分け隔てなく他大学からの入局希望者を受け入れた。温厚な先生だったが、在職中に一度だけ、当直に遅れたりして医師としての責任感と倫理観が薄い医局員を厳しく叱責し, 研修医に自覚を促し驚かせたことがある。私が勤めていた青木病院にしばしば入院依頼をしてこられた。

 紹介状は簡潔明瞭にして、紹介目的がわかりやすく記載されていたことが印象的であった。

 ファントム空間論は、私の頭はついていけなかったが、先生は気むずかしい精神病理学者ではなかった。患者さんを大切にする臨床医であり、多くの人材を育てた。

 

 河合 邦生先生(調布駅前の河合クリニック)

 青木病院を紹介してくれた慈恵医大の先輩である。この出会いがなかったら私の精神科医人生はどうなっていたか、想像できない。

 

 

以下の学友・同僚・後輩についてはコメントと敬称を略す。

 青木 省三(現川崎医大精神科学教室教授)

 滝川 一廣(現学習院大学文学部心理学科教授)

 滝川 典子(現あんクリニック院長)

 五味渕 隆志(元都立松沢病院精神科部長・元青木病院院長、現九段ごみぶちクリニック院長)

 内海 健(東京藝術大学 保健管理センター教授)

 小川 恵(淑徳大学総合福祉学部教授)

 鈴木 康一(東京医大精神科准教授)

 横田 泉(沖縄オリブ山病院副院長)

 乾 真実(狛江のんびりクリニック院長)

 工藤 潤一郎(精神科医 ,現工藤メンタルクリニック-藤沢市)

 藤城聡(精神科医)

 野島修、田畑広人、松下兼宗ほか川崎医大の若い先生たち

 杉林稔(高槻市民病院)や名古屋大学・九州大学の先生たちと立ち上げ、16年間継続している「統合失調症臨床研究会」の参加者諸先生とコメディカルの皆さん